夏の終わりから秋に見られる肌状態とは?

夏の終わりから秋にかけて肌の悩みを抱える方は少なくありません。例えば、ニキビや吹き出物などの肌トラブルに悩む方は多くいらっしゃいます。これらのトラブルの主な原因は、暑さによる汗と皮脂の分泌量の増加です。汗を大量にかいたことで皮脂分泌が活発になり、肌の潤いを維持するためのpHバランスが崩れてしまったため、アクネ菌が繁殖しニキビや吹き出物ができてしまったのです。

さらに、秋が深まり冬が近づいてくると、気温や湿度が日に日に低下してきます。それに伴って血行が悪くなり、汗や皮脂の分泌も減少してきます。結果として肌を保護する皮脂膜が十分につくることができなくなり、目元や口元を中心に肌の乾燥が目立つようになります。乾燥状態の肌はバリア機能が低下しますが、これもまたニキビなどの肌トラブルを招く要因です。肌トラブルを回避するためには、早めの保湿がポイントとなってきます。

早目の保湿ケアで肌トラブルを回避!

夏の疲れで肌への負担が大きくなる秋は、いつものスキンケアよりも念入りに保湿ケアをすることが大切です。洗顔後、すぐに化粧水と乳液やクリームで保湿ケアをすることは基本です。保湿に使用する化粧水や乳液・クリームなどは、できるだけ低刺激で油分が少なめのものを選びましょう。その際、あなたの肌に合った成分が含まれているかどうかを確認してください。肌質には個人差があるので、自分の肌にしっくりくるものを選ぶことが重要です。

すでにニキビができているなら、ニキビ肌専用に開発された医薬部外品のスキンケアアイテムの使用をおすすめします。またニキビ痕が残らないように、美白化粧水などを使ってみるのも良いでしょう。いつもよりも乾燥が気になる人は、保湿力の高いマスクをプラスしたケアで肌をいたわってあげると、肌トラブルの回避につながります。いずれにせよ、洗顔後は早めに保湿をして肌を乾燥から守ることが大切です。

肌トラブルの予防には、生活習慣の見直しも欠かせません。睡眠と食事の質を見直し、内側からも肌質の改善をしていきましょう。では具体的に、どのように睡眠と食事の質を改善できるのでしょうか?詳しくみてみましょう。

睡眠の質を改善するには?

良い睡眠には、「量」と「質」の2つが関係しています。つまり、適切な睡眠時間と熟睡感が大切です。睡眠中は成長ホルモンが分泌され、皮膚や骨、筋肉などを新たに作ったり修復したりします。つまり睡眠中は体を回復するのに必要な時間です。しかし、睡眠時間が短かったり眠りの質が悪いと肌の再生がきちんとされません。そうなるとニキビや吹き出物ができたり、症状が悪化しやすくなります。また不規則な睡眠サイクルはホルモンバランスを乱す原因となり、ニキビの症状を悪化させます。

一般的に午後10時から午前2時までが睡眠の「ゴールデンタイム」と言われています。忙しくしている人にとって10時に寝ることは難しいかもしれませんが、出来るなら12時前には就寝し、最低でも1日6時間の睡眠時間を確保するようにしましょう。また睡眠の質を高めるために、ベッドに入る1~2時間前に入浴して体温を上げたり、寝る直前の飲食・スマホ使用などを避けたりするのも良いことです。

食事の質を改善するには?

食事の質を高めるためには、まず暴飲暴食や欠食・間食をできるだけ控えるようにして、1日3回規則正しく食べるようにしましょう。そして、肌の健康をサポートする栄養素を積極的に食べるようにしてください。例えば、肌を作る「タンパク質」・肌の新陣代謝を促したり皮脂の分泌量をコントロールする「ビタミンB2」「ビタミンB6 」、血行を促進させ肌荒れを予防する「ビタミンE」、便秘を予防して腸内環境を整える「食物繊維」などは非常に大切です。また大人ニキビには、肌のターンオーバーを正常化する「ビタミンA」、肌のバリア機能低下を予防する「ビタミンB1」「ビタミンC」も役立ちます。

これらの栄養素を豊富に含んでいる食材を意識して食べるなら、体の内側から美肌作りをサポートできます。ただし注意点があります。どれだけ体に良い栄養素を摂取していても、ニキビを悪化させる食品を多量に摂取していては意味がありません。例えば、揚げ物やピーナツ・チョコレート・ケーキなどの油っこい食べ物、甘いスイーツ類などです。これらの食材には動物性脂肪や糖分が多く含まれているので、多量摂取すると皮脂分泌が活発になります。もちろん、絶対に食べてはいけないというルールはありませんが、食べる際には、適度な量で抑えるようにしましょう。

適切な保湿ケアはもちろん、健全な生活習慣を保つことで、体の内側と外側から美肌作りをサポートしましょう。