秋の花粉症にも要注意!

花粉症と言えば春のイメージが強いですが、実は秋にも花粉がたくさん舞うということをご存知でしたか?秋になると夏の厳しい暑さもおさまるので過ごしやすくなりますが、「肌がムズムズする・・」「ニキビができてしまった・・」「肌荒れする」などの悩みを抱えている方も少なくありません。もし秋にそのような症状を感じるようなら、花粉症が原因かもしれません。

秋の花粉症は、イネ・ブタクサ・ヨモギなどの花粉が主な原因となります。秋の花粉も、春の花粉同様肌トラブルを招きます。花粉が鼻や口や目などを通して体内に侵入すると、体は花粉を異物として認識します。花粉と反応する抗体が体内で作られることでアレルギー反応が引き起こされ、花粉を排除しようとしてくしゃみや鼻水、目のかゆみなどのアレルギー症状があらわれます。また花粉が皮膚に付着することで、乾燥やかゆみなどの「乾燥皮膚炎」と呼ばれる症状を引き起こします。花粉が原因で肌が乾燥し、バリア機能が低下することで、ニキビや吹き出物などもできやすくなります。

秋のアレルギーを予防するには?

花粉から肌荒れを予防するためには、花粉を肌に付着させないことが一番重要です。外出するときには、メガネやマスクなどで肌をできるだけ覆い、花粉を極力肌につけないようにしましょう。帰宅後はすぐに洗顔をし、肌に付いた花粉をキレイに洗い流すようにしましょう。最近は花粉による肌荒れで悩んでいる方も多いため、アレルゲンをシャットアウトする美容液・ジェル・ミストタイプの化粧水など、様々なスキンケア商品が販売されています。あなたの肌に合うなら、これらのアイテムを使用するのも良いでしょう。

さらに行える対策として、花粉が多く飛ぶ日や時間帯はできるだけ外出を避けるようにしましょう。特に、晴れて気温が高い日や空気が乾燥している日は花粉がよく飛びますので外出を控えましょう。

肌をアレルギーから守るスキンケアとは?

花粉皮膚炎の症状がでている肌は、肌のバリア機能が低下しています。角層の水分や油分のバランスが乱れやすくなっているので、外的刺激を受けやすく、ちょっとした刺激にもすぐに反応してしまいます。

デリケートな肌には、ニキビや吹き出物などもできやすいため、いつものスキンケアよりも優しく丁寧に行うようにしましょう。洗顔はあなたの肌に負担の少ない低刺激性のクレンジング剤と洗顔料を選びましょう。そして、手でゴシゴシ擦るのではなく、しっかり泡立てた泡を使って優しく洗顔します。すすぐ時は肌に刺激を与えないようにぬるま湯を使って、必要な保湿成分が失われないようにします。洗顔後はすぐに保湿ケアを行い、乾燥から肌を守りましょう。化粧水を付ける際、コットンを使うと肌に摩擦を与えて刺激を与えてしまいますので、手を使ってやさしくなじませるようにしましょう。保湿成分が配合された乳液やクリームを使用すれば、保湿効果を期待できます。

旬の食材で免疫力アップ!

美肌を作るには、健康的な食事も欠かせません。特に「旬の食材」と呼ばれる食材には高い栄養価があり、美容にも高い効果を期待できます。秋の旬の食材には「ビタミン」「ミネラル」「食物繊維」が豊富に含まれているので、アレルギーの影響で肌荒れが起きやすくなっているこの時期にはまさにぴったりです。秋の旬の食材を使って、アレルギーに負けない免疫力をつけましょう。

では、秋の旬のおすすめ食材とは何でしょうか?まず「さつまいも」が挙げられます。さつまいもには腸内環境をサポートする豊富な食物繊維と、皮膚の健康を維持するビタミンCが含まれています。美肌だけでなく、ダイエットにもおすすめの食材です。「栗」は、美肌に欠かせないビタミンC、肌荒れを改善すると言われるビタミンB6などが豊富に含まれています。「キノコ類」は一年中食べることができますが、秋は旬の食材になります。免疫力を高める栄養素がたくさん含まれているので、体の内側から美肌作りをサポートします。きのこは種類が豊富なので、色々使い勝手が良い魅力的な食材でもあります。

「秋鮭」も良い食材です。秋鮭の赤色成分である「アスタキサンチン」は、化粧品にも使われるほど強い抗酸化作用のある成分です。アンチエイジング効果が期待されている成分でもあります。さらに、肌の健康に欠かせないビタミンB1やB2も含まれています。「さんま」には、必須アミノ酸を含むタンパク質・鉄分・ビタミン・EPA/DHAなど、美容効果がある成分が様々に含まれています。体やホルモンの細胞を生成したり、皮膚や粘膜を丈夫にする効果が期待されているので、肌荒れ予防におすすめの食材です。

代表的な秋の旬の食材をご紹介しましたが、他にもまだまだ旬の食材はあります。旬の食材はアレルギーに負けない免疫力がつくようにと体の内側から働きかけてくれます。是非、旬の食材を積極的に摂取して美肌作りをサポートしましょう。