ニキビと関係のある「表皮菌」・「アクネ菌」とは?

健康な肌を維持するためには、「常在菌」の存在が欠かせません。肌の常在菌は、紫外線やホコリなどの外的刺激から皮膚を守ってくれます。皮膚には多くの常在菌が存在していると言われていますが、その中でも「表皮菌」と「アクネ菌」はニキビと関係しています。

「表皮菌」は皮膚表面や毛穴に存在しています。アルカリ性の汗や皮脂をエサとし、グリセリンや脂肪酸を生成しています。生成された脂肪酸は、肌を弱酸性に維持する働きをしてくれるため、皮膚のバリア機能が維持されます。

一方「アクネ菌」はニキビの原因菌としても知られていますが、実は必ずしも悪者ではありません。アクネ菌は皮脂をエサとして脂肪酸やプロピオン酸を生成し、皮膚表面を弱酸性に維持する役割をしています。また、皮膚に付着する細菌の増殖を妨げる働きもしています。このように私たちの身体に役立つことをしてくれているのです。

しかし、皮脂の分泌量が増えたり、何かしらの汚れが毛穴に詰まることで酸素が届きにくい環境になると、アクネ菌が過剰に増殖して炎症を引き起こし、ニキビが発生します。このように表皮菌にもアクネ菌にもそれぞれの役割がありますが、菌のバランスが壊れたときに、ニキビなどの皮膚トラブルを招きます。

表面菌・アクネ菌でニキビは他人に感染するの?

ところで、肌に常在している表皮菌とアクネ菌を通して、ニキビが他の人に感染することはあるのでしょうか?結論から述べるなら、多くの細菌感染とは違い、ニキビが他人から感染することはありません。ただ衛生面の観点からみるならば、ニキビがある人が使用したタオルや枕などを共有することは、肌に何かしらの悪影響が及ぼす可能性があります。ニキビは感染病ではありませんが、念には念を入れるのが無難です。

常在菌はバランスを保つことが大切!

先述のように、肌に常在している表皮菌とアクネ菌は、バランスが壊れなければニキビを招く可能性が低くなります。では、どのようにバランスを保てるでしょうか?

表皮菌は角質層に存在しているので、角質を無理に除去するケアをしなければバランスの維持につながります。1日に何度も洗顔すること・刺激の強い洗顔料を使用すること、長時間の入浴などを避ければ、基本的には問題ありません。

アクネ菌は、皮脂の過剰分泌や毛穴に化粧品などの汚れが詰まることで増殖し、バランスが壊れます。皮脂の過剰分泌が行われている要因は人それぞれ異なりますが、その多くはホルモンバランスの乱れや乾燥です。特に冬場の乾燥した環境下では、体は肌を保護しようとして皮膚表面に皮脂で皮膚膜をたくさん張ろうとします。また、食生活や睡眠不足などの生活習慣の乱れが皮脂表面のバランスを崩しやすくします。そのため規則正しい生活を心がけることや、適度な保湿をすることが、良いバランスを保つ鍵です。

間違ったスキンケアにも注意が必要です。ニキビ肌に悩む方の中には、とにかく皮脂を根こそぎ取ろうとして、洗浄力の強い洗顔料で洗顔をしたり、テカテカしてしまった鼻やおでこの脂をあぶらとり紙で吸収したりする方も少なくないようです。残念ながら、このような対処では皮膚の常在菌のバランスを保つことはできません。

本来、皮脂は人体に有益な働きをするものです。皮脂のおかげで表面には保護膜が張られ、デリケートな皮膚が守られています。必要な皮脂まで取ってしまうと、体が余計に皮脂を出して皮膚を保護しようとします。こうなると皮脂の過剰分泌を招いてしまいます。ですから、あくまで洗顔はやさしく控えめに行いましょう。そして大事なのが、洗顔後にそのまま皮膚を乾燥させるのではなく、きちんと保湿ケアをすることです。こうすることで余分な皮脂の分泌を防ぎやすくなります。

生活習慣を見直すことも大切!

先述のように、生活習慣も常在菌のバランスに影響を与えます。偏った食生活・睡眠不足・ストレス過多など、健全とは言えない生活習慣を送っていると、肌の機能に影響が出てしまう恐れがあります。

多くの方にとって、すぐに生活習慣を改善することは難しいかもしれません。夜勤などがある方は、特にそう言えるでしょう。ただし、適切なケアを怠るとニキビが目立ってしまいますし、ニキビ痕が一生残る恐れもあります。ですから少しずつでも改善を図りましょう。例えば、ゆっくり寝れる日や野菜をたくさん摂取する日・自炊をする日など、自分なりのルールを決めて良い生活習慣を作ることができるかもしれません。

血行をよくするのもオススメ!

もし規則正しい生活をしているのにニキビ肌で悩んでいるなら、血行不良が原因でニキビができている可能性があります。長時間の座り仕事や立ち仕事など、同じ姿勢でいる時間が長いと、老廃物が流れずにニキビが発生することがあります。そういうケースでは、運動をしたり、リンパマッサージなどをして、血行の流れを促すようにしてみてください。