思春期のニキビは一種の病気

10代半ばから後半にかけて急に増え始める「思春期ニキビ」は、一昔前まで「青春のシンボル」と呼ばれていました。病気としては認識されていなかったため、自己流のケアをしたり、そのまま放置することも珍しくありませんでした。しかし現在では医学の発展と共に、思春期ニキビは、「尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)」という一種の炎症性皮膚疾患として認識されています。

間違ったケアをすると症状は悪化し、最悪ニキビ痕が一生残ってしまう可能性もあるので、早い段階で適切な治療を受けることがすすめられています。

思春期ニキビができる原因とは?

思春期ニキビの主な原因は、ホルモンバランスの変化による皮脂の過剰分泌です。本来、毛穴の奥にある皮脂腺は、皮膚を保護するために皮脂を分泌します。ところが、思春期はホルモンバランスの影響で皮脂が異常に増え、結果的に毛穴に皮脂が詰まってしまいやすくなります。

すると毛穴に詰まった皮脂をエサにしてアクネ菌が増殖し、炎症が起きてニキビになります。もともとアクネ菌はすべての人の肌に常在している菌で、皮脂を分解しながら肌のバランスを維持する働きをしています。でも皮脂が大量にあり、それが詰まってしまうことで、アクネ菌が必要以上に増殖してニキビなどの肌トラブルを招くのです。

思春期ニキビは放置しちゃダメ!

思春期ニキビをそのまま放置すると、症状はさらに悪化する恐れがあります。症状が進むと、色素沈着や赤み・肌の凸凹など、目立つニキビ跡が残ります。もし顔に一生残るニキビ痕ができたら嫌ですよね。

このような状態を回避するためにも、ニキビを放置したままにするのではなく、適切なケアをすることがとても大切です。思春期ニキビケアの目的は「今できているニキビを改善させること」、そして「新しいニキビができないよう皮脂の分泌を抑えて肌を整えること」です。それには2つケアが欠かせません。それは「洗顔」と「保湿」です。では、それぞれのケアについて詳しくみてみましょう。

思春期ニキビに効果的な正しい洗顔方法とは?

ニキビは皮脂の分泌が活発に行われていることが主な原因であり、肌が不潔だから発症するのではありません。ですから、1日に何度も洗顔をすることはよくありません。洗顔し過ぎすると、必要な皮脂まで取り除いてしまってバリア機能を低下させ、逆に皮脂の分泌を活発にさせてしまいます。ですから、洗顔は1日2回くらいにとどめましょう。では、正しい洗顔方法の手順をみてみましょう。

1、顔全体が洗いやすいように、髪の毛をとめる。
2、手をキレイに洗う。
3、顔全体の汚れをぬるま湯でざっと洗い流す。
4、洗顔料を泡立てネットを使って、クリーミになるまで泡立てる。
5、泡を顔全体にのばす。手のひらを使って、泡を転がすようなイメージでやさしく洗う。
6、両手でぬるま湯を顔にやさしくかけ、泡をキレイに洗い流す。(特に髪の生え際や顎の下などの洗い流しに注意すること)
7、清潔なタオルで水分を拭きとる。

思春期ニキビに効果的な保湿ケアとは?

洗顔が終わったら、すぐに保湿をします。保湿ケアは次のような手順で行ないます。

1、手のひらに化粧水をのせ温める。
2、手のひら全体で顔を押さえるようにして、化粧水が肌に浸透するように馴染ませる。
3、皮膚がまだ乾燥しているようなら、乳液をつける。

普段の生活習慣で思春期ニキビを予防しよう!

思春期ニキビができないように、普段の生活習慣も気を付けるようにしましょう。具体的には「食事」「睡眠」「ストレス」です。食事は1日3回、栄養バランスのとれた食事を食べましょう。脂肪分や甘い物は控えるようにし、ニキビ対策に必要なビタミン類・食物繊維・緑黄色野菜を意識して摂取することが大切です。また夜更かしなどの生活リズムの乱れは、肌トラブルを招くリスクを高めます。ストレスは皮脂の分泌を促すとされているので、ストレスを溜め込まずに解消するようにしましょう。

さらにニキビを悪化させる習慣として、不必要に顔にモノが接触しないようにしましょう。例えば、額にかかった長い前髪・顔を隠すマスク・ほおづえをつくこと・ニキビを触ることなどは、基本NGです。できてしまったニキビは気になるものですが、むやみに触ったり、いじったりしないようにしましょう。

思春期ニキビで悩んでいるなら病院を受診しましょう

思春期ニキビは皮膚病のひとつです。症状がひどいなら病院を受診されることをおすすめします。顔全体に5~10個のニキビがあって2週間以上たっても症状が改善されない場合や、ニキビが赤く腫れて炎症が悪化し続ける場合、何度もニキビが発症する場合・ニキビが痕に残ってしまった場合など、気になる症状が続くようなら病院を受診するのが一番です。