大人ニキビと思春期ニキビの違いとは?

中学生や高校生から急に増え始めるニキビは、思春期のシンボルとも言われており、その原因は思春期特有の皮脂分泌過剰です。しかし、思春期を過ぎた20代や30代になっても、ニキビや吹き出物で悩んでいる方は少なくありません。大人になってから発症するニキビは「大人ニキビ」と呼ばれていますが、思春期ニキビとは異なるものです。

大人ニキビが発症する原因には、年齢や過労・不規則な生活・偏った食生活・ストレス・ホルモンバランスの崩れ、間違ったスキンケアなど様々な要素が挙げられます。これらが要素がトリガーとなり、お肌のターンオーバーのサイクルが乱れ、古い角質が溜まり、皮脂が過剰分泌されることでニキビが発症します。

ニキビ肌の正しいスキンケアとは?

ニキビ肌のスキンケアの基本は、「ニキビができにくい肌環境を整えること」です。そのためには、まずお肌の汗や皮脂・ホコリなどの汚れをキレイに洗って洗浄することが大事です。その後、お肌を乾燥や刺激から守るために、水分と油分のバランスを整えて保湿しましょう。さらに、お紫外線からお肌を守るために遮光し、美しく装うためにメイクをするようにします。

もう少し詳しく言いますと、まずクレンジング剤や石鹸などを使ってメイク落としやお肌の洗浄をしっかり行い、それから化粧水や乳液などで保湿します。そして日焼け止めで遮光してから、化粧下地やファンデーション・チークなどでメイクをして肌環境を整えます。こうすることで、ニキビができにくいお肌へと導けます。

保湿ケアがとても重要!

ニキビ肌で悩んでいる方の中には、クリームなどの油分が肌にべたつくという理由から、保湿を控える方もいるようです。しかし、ニキビ予防やニキビ肌の改善には、保湿ケアが欠かせません。なぜなら、保湿ケアをしっかりすることで、ニキビの原因となるアクネ菌・皮脂・毛穴の詰まりにアプローチして、ニキビができにくい肌環境を整えられるからです。

では、保湿ケアを怠るとお肌はどうなってしまうのでしょうか?保湿ケアされていないお肌は乾燥するので、肌のターンオーバーが乱れてしまいます。そうなると、角層が厚くなって古い角質が毛穴に詰まってしまい、ニキビの原因になります。しかし、保湿ケアをしっかりするなら適度な保湿でお肌にうるおいを与えられるので、皮脂の過剰分泌をコントロールすることができ、ニキビ予防になります。ですから、毎日正しい方法でスキンケアを行って肌環境を整えていくようにしましょう。

過剰な洗浄はNG!

肌に過剰な皮脂や洗い残してしまった化粧品などが付着したままだと、ニキビが発症したり症状が悪化したりします。そのため、お肌を清潔に保つためにはしっかり洗浄しなければいけません。とはいえ、ゴシゴシを過剰に洗浄するとお肌にダメージを与えます。ですから、洗顔料を使った洗顔は、朝晩の1日2回を限度にしましょう。

メイクをした後はどうしてもクレンジングが必要です。メイクをお肌に長時間残したままにすると、成分が酸化してお肌に刺激を与え、ニキビが悪化する原因となります。しかし、強く洗いすぎてお肌に大きなダメージを与えないためにも、刺激の少ないクレンジング剤を使うようにしてください。そして、メイクを落としてからやさしく洗顔するようにしましょう。洗顔後は、先述のようにしっかり保湿をしてお肌にうるおいを与えましょう。

保湿ケアのポイント!

洗顔後のお肌は、約5分程度で水分量が減少していきます。そのため、洗顔前よりもすぐに乾燥しやすい状態となっています。ですから、洗顔後すぐに保湿ケアをすることはとても大切です。化粧水・保湿ジェル・保湿クリーム・乳液などを使って素早くお肌を保湿しましょう。保湿ケアをする際、コットンに化粧水を含ませてパッティングしている方もいるかもしれませんが、コットンはデリケートなニキビ肌に刺激を与えますので、可能であれば手のひらを使ってケアするようにしましょう。

適度に保湿することが過剰な皮脂分泌のコントロールにつながりますので、保湿を控えることなく、しっかりケアをしていきましょう。

ニキビ肌におすすめの保湿化粧品とは?

保湿ケア化粧品は大きく分けると、化粧水やジェル・乳液・クリームに分類されます。それぞれのケア用品には異なる役割があります。化粧水やジェルは各層へ水分を補い、乳液は角層の水分や保湿成分を維持し、クリームは皮膚の表面で油の膜を作って、お肌の水分が蒸発しないようサポートするという役割があります。

つまり、化粧水だけのスキンケアでは、水分を補充しているだけなのでお肌はすぐに乾燥してしまいます。ですから、化粧水と保湿剤の両方を使ってケアすることではじめてお肌が保湿されるのです。

化粧品を選ぶ際には、ニキビ肌に特化した保湿化粧品を選ぶようにしましょう。ニキビ肌向けに開発されている保湿化粧品であれば、ニキビ肌の方が使用しても肌トラブルが起きないようパッチテストが行われているはずです。もちろん、購入前に表記をしっかり確認することは大切ですが、ニキビ肌のために開発された保湿化粧品の中から自分の肌に合ったものを選ばれることをおすすめします。