ニキビ痕には種類がある?!

ニキビが治っても、痕が残ってしまうことは珍しくありません。ニキビ痕は、状態によって大きく2種類に分かれます。それは「赤み・色素沈着」と「へこみ・陥没」です。

赤みのあるニキビ痕は、ニキビが炎症を起こした際に毛細血管がダメージを受け、血液中のヘモグロビンが残ってしまうことでできます。色素沈着のニキビ痕は、ニキビの炎症でメラニン色素を作る細胞が大量に増え、体外に出られずに残ってしまったことが原因で発生します。

一方、へこみ・陥没とは、ニキビが治った後に、見た目や手触りが凸凹しているクレーター状のニキビ痕や、やけど跡のように皮膚が硬くなり盛り上がっているケロイド状のニキビ痕のことです。

ニキビ跡がでこぼこする理由とは?

ニキビが治った跡、へこみや陥没が発生することがあるのは何故でしょうか?クレーター状の凸凹したニキビ痕は、ニキビができた際に強い炎症が生じ、真皮や皮下組織にあるコラーゲンなどがダメージを受けることが原因の一つです。組織にダメージがあると、肌のターンオーバーが乱れ、皮膚にクレーター状のでこぼこができてしまいます。

火傷跡のように皮膚が硬くなって盛り上がったケロイド状のニキビ痕については、同じ部位に何度も炎症が発生することと関係があります。炎症が繰り返されることで、肌の表面の表皮や肌の奥にある真皮・毛穴などに強い刺激を加わり、皮膚が硬くなってしまうのです。しこりのようにでこぼこしてしまうケースもあります。

でこぼこしたニキビ痕の治療法とは?

赤みや色素沈着などのニキビ痕は、美白成分の内服薬や外用薬などの治療やレーザー治療など、時間とともにある程度改善することが可能です。

しかし、へこみや陥没など肌がでこぼこしているニキビ痕の場合はもっとやっかいです。真皮までダメージを受けているので、自己ケアだけで治すことは難しいのが現実です。メイクで隠すのも困難で、頬など痕が目立ってしまいます。男女問わず、でこぼこしたクレーター状のニキビ痕に悩んでいる方は少なくありません。どうしても気になるなら、美容皮膚科や皮膚科などを受診することをおすすめします。皮膚の表面からアプローチするピーリングや、皮膚深部からアプローチする光治療などを受けてみると改善が期待できます。

ニキビ痕を改善する洗顔方法とは?

クレーター状の肌を少しでも改善するためには、正しい洗顔方法が必要です。今までの洗顔方法を見直してみましょう。ニキビ跡を改善へと導く正しい洗顔方法は以下の通りです。

1.洗顔の前に手をキレイに洗います。雑菌がついた汚れた手で洗顔すると、ニキビの原因や症状の悪化につながります
2.クレンジングをします(メイクがある場合)。水ではなく、ぬるま湯で顔の汚れを軽く流すことで、毛穴が開き、汚れが落ちやすくなります。
3.洗顔料を泡立てネットを使ってよく泡立て、泡を顔全体にのせて、指の腹を使ってマッサージをしながら汚れを浮かしていきます。
4.たっぷりのぬるま湯で、すすぎ残しがないようにしっかりすすぎます。洗顔料が肌に残ってしまうと、ニキビなどの肌トラブルの原因となりますので気を付けましょう。
5.清潔なタオルを使って水分をやさしく拭き取りましょう。

ニキビ痕を改善する保湿ケアとは?

洗顔をした後は、すぐに保湿ケアを行うことも大切です。ニキビ痕のあるお肌は、ターンオーバーが乱れているためバリア機能が低下しています。そのため、外部からの刺激にとても敏感です。また、クレンジング剤や洗顔料に含まれている成分によって、肌をバリアする角質が落ちてもいるので、すぐに保湿ケアをして保護するようにしましょう。

保湿ケアは以下のような方法で行いましょう。

1.毛穴が開いて浸透しやすくなるように、化粧水を手のひらにのせて温めましょう。
2.肌に化粧水をのせたら、手のひらをつかってなじませます。
3.乳液を肌につけます。乳液をつけることで肌の表面にベールを作り、化粧水が蒸発するのを防ぎます。

ニキビ痕を作らないためには「ニキビそのものを作らない!」

当たり前の話ですが、ニキビ痕を作らないためには、ニキビそのものを作らないことがカギとなります。ニキビができないように普段から気を付けるようにしましょう。具体的には、正しいスキンケアをすること・栄養バランスのとれた食生活をすること・紫外線対策をすること・質の高い睡眠をとること・ストレスを溜めないことなどが挙げられます。どれも基本的なことですが、毎日、実践することが美肌につながります。是非、日ごろの生活習慣を見直し、ニキビのないキレイなお肌を目指してください。