ニキビの症状には段階がある

ニキビには、白ニキビ・黒ニキビ・赤ニキビ・黄色ニキビと、症状の段階によって様々な種類があります。ニキビの初期段階は痛みやかゆみがなく、肌の表面にでていない白ニキビからはじまり、黒・赤・黄色と症状が悪化していきます。

そもそもニキビは、角質が毛穴に詰まってアクネ菌が増殖することで発生します。ふさがった毛穴に皮脂が詰まっている状態が白ニキビです。毛穴に詰まった皮脂が酸化して黒くなると黒ニキビになります。その状態を放置すると、ニキビは炎症を起こし赤ニキビになります。赤ニキビが悪化すると膿が溜まることで黄色ニキビになります。このように症状に段階のあるニキビですが、ニキビにはつぶしてOKなものとNGなものがあります。では、つぶしても大丈夫なニキビはどのようなものなのでしょうか?

つぶしてもOKなニキビとNGなニキビとは?

まだ炎症を起こす前の白ニキビは、つぶしてもOKなニキビです。角質が厚くなって毛穴に皮脂が詰まっている状態なので、つぶして皮脂の分泌を改善することでニキビが早く治ります。

一方、つぶすことがNGなニキビは、すでに炎症を引き起こしている赤ニキビや黄色ニキビです。つぶすことはもちろん、手で触って刺激を与えることもNGです。炎症を抑えるニキビ専用の薬を塗って様子をみましょう。

正しいニキビのつぶし方とは?

炎症前の白ニキビは、どのようにつぶせばよいのでしょうか?病院で使用するよう器具を使うこともできますが、綿棒を使ってつぶすことも可能です。その際、1本1本梱包されている滅菌された綿棒を用意しましょう。ニキビを綿棒で挟むようにして、やさしく角質を押し出します。つぶした後は、ニキビ専用の塗り薬を塗りましょう。そうすることで色素沈着や赤みなどが残りにくくなるでしょう。注意点として、ニキビをつぶす前には必ず手を洗うようにしてください。

ニキビをつぶしてはいけない理由とは?

炎症を引き起こしている赤ニキビや黄色ニキビは痛みを感じますし、目立ちます。ですから思わずつぶしたくなってしまう方も多いでしょう。しかし、絶対につぶしてはいけません。なぜなら、つぶすと痕が残ってしまうからです。つぶすと見た目は平らになるので目立たなくなりますが、中は炎症をまだ引き起こしている状態です。

また、つぶした際に、傷口から細菌が侵入して炎症が長引いてしまうケースもあります。炎症が長引いてしまうと色素沈着やシミなどになる可能性が高くなります。どうしてもニキビをつぶしたいなら、自己流で行うのではなく、美容皮膚科や皮膚科などを利用されることをおすすめします。

ニキビがつぶれてしまったらどうすればいい?

炎症を起こしているニキビに触ってはいけないと分かっていても、洗顔やメイクなどをしている際に「うっかりニキビに触れて潰してしまった」というケースはよくあります。では、ニキビをつぶしてしまった場合、どのように対処すればよいのでしょうか?つぶれて血や膿が出てしまった場合は、ティッシュで拭き取り、ニキビ専用の薬を塗りましょう。触りすぎると肌にダメージを与えるだけでなく、細菌が侵入して炎症を長引かせてしまう可能性があります。また、皮下組織に刺激を与えてしまい、治るまでに時間がかかってしまいます。

可能ならば専門家による治療も受けることをおすすめします。つぶれたニキビの状態にもよりますが、抗生物質などの治療が必要なケースもあるので、美容皮膚科や皮膚科などを受診しましょう。

病院でのニキビ治療とは?

病院でのニキビ治療は主に、外用薬(塗り薬)・内服液(飲み薬)・面皰圧出・高周波治療などが行われます。どの治療法が用いられるかは、ニキビの状態によって医師が判断します。

塗り薬は、炎症を抑える成分や抗菌作用のある成分が含まれているものが一般的に使われます。飲み薬は、アクネ菌を抑える効果が期待できる抗菌薬や、皮脂の分泌を抑えるビタミン剤・炎症を抑える薬などが処方されることが多いようです。また、ニキビができやすい体質を改善するために、その人に合った漢方薬を用いることもあります。

面皰圧出は「面皰圧出器」という道具を使って、毛穴に詰まった皮脂を押し出す処置です。自分で行うと痕が残ってしまう可能性がありますが、経験を積んだ医師が行うことでニキビの症状が緩和されます。最近は、ニキビの最新治療器として、高周波治療器を導入している病院もあります。炎症を起こしているニキビに細い針を刺し、高周波を流すことでアクネ菌を殺菌するという方法です。高い効果が期待できますが、保険適応外なので注意しましょう。

いずれにしても、悪化したニキビを自己判断でつぶしてしまうことがないように気を付けましょう。