大人ニキビにもアプローチする「プロアクティブ+」

15年連続日本売り上げNo1を誇るニキビケア商品、それが「プロアクティブ」です。プロアクティブと聞くと、思春期ニキビをイメージする方もいるかもしれません。でもプロアクティブは年齢問わず大人ニキビにもおすすめのスキンケア商品です。

さて、そんなプロアクティブシリーズで今回注目したいのが、新商品「プロアクティブ+」です。この商品には「スマートターゲット™ テクノロジー」と呼ばれる新たな技術が導入されています。この技術により、毛穴の奥の角質層までダイレクトに薬用成分を届けることが可能になり、ニキビができにくい美しい肌をサポートします。すでに世界中に2,000万人、日本では280万人が愛用しています。ニキビ予防や改善を目指している方は、プロアクティブ+でケアをはじめてみませんか?

プロアクティブの特徴とは?

肌への効果とやさしさを徹底的に追及したプロアクティブ+は、成分と処方を一から見直し、新しく開発されたニキビケアアイテムです。プロアクティブの基本のお手入れ方法は、以下の3ステップで完成します。

ステップ1、薬用洗顔料「スキン スムージング クレンザー」
「スキン スムージング クレンザー」は、毛穴の奥につまった古い角質や汚れ・余分な皮脂を洗い流す薬用洗顔料です。殺菌作用の高い有効成分「サリチル酸」を配合することで、ニキビができにくい肌へと導きます。また「ブドウエキス」「ユキノシタエキス」「オウゴンエキス」「クワエキス」などの保湿成分を配合することで、洗顔後でもつっぱり感はなく、潤いのある肌へと仕上げます。
ステップ2、薬用美容液「ポアターゲティング トリートメント」
続いて「ポアターゲティング トリートメント」を使いますが、この美容液に「スマートターゲット™ テクノロジー」が採用されています。これにより、有効成分を毛穴の深層部分まで浸透させ、ふっくらした肌本来の状態へとアプローチします。また、毛穴を引き締め、潤いのある肌をサポートします。
ステップ3、薬用ジェルクリーム「スキンコンディショング セラム」
「スキンコンディショング セラム」には、保湿効果の高い厳選された植物エキスと、消炎効果・肌荒れ対策が期待できる有効成分「グリチルリチン酸ジカリウム」が配合されています。ニキビ予防をしながら肌に潤いを与え、ハリと弾力のある肌へアプローチします。

まずは「スマートセット」でお試しを!

プロアクティブ+では、「スマートターゲット™ テクノロジー」が採用された「スマートセット」4,980円(税込)に加え、乾燥や角質が気になる方のための「アドバンストモイスチャーセット」6,480円(税込)、そしてスマートセットに薬用トナーと薬用ボディウォッシュをプラスした「フェイス&ボディセット」6,980円(税込)の3種類のお試しプランが用意されています。

プロアクティブ+の利用が初めての方には、「@COSME口コミランキング」で「スキンケアキット部門第1位」を獲得したスマートセットがおすすめです。スマートセットは先述の3つのステップが体験できるセットです。今なら初回限定特典として、「ポアクレンジング&ボディブラシ」、もしくは大人肌の角質ケアができる「家庭用美顔器ウォーターピーラー」のどちらかが無料でプレゼントされます。

プロアクティブ+の購入方法は?

プロアクティブ+は、公式サイト・ネット通販サイト・自販機などで購入することができますが、一番お得なのは公式サイトの利用です。Amazonや楽天などのネット通販で購入しても特典のプレゼントは付いてきますが、返金保証はありません。自販機はプレゼントを選ぶことができず、洗顔ブラシとなります。

しかし、公式サイトから購入すれば、プレゼントは好きなものを選べますし、60日間の返金保証もついてきます。返金保証があれば、万が一肌に合わなかった場合でも損することがありません。商品が自分の肌に合うかどうかは試してみないと分かりませんよね。その点、プロアクティブ+では60日間の返金保証があるのでおすすめです。またお得なクーポンや情報なども受け取ることもできます。

プロアクティブ+をすでに使用している方の口コミ

すでにプロアクティブ+を利用している方の口コミをみてみましょう。

良い口コミ

・「ニキビができにくくなりました。」
・「毛穴のつまりがとれて、肌のざらつきがなくなったような感じがします。」
・「さっぱりしているけど肌には潤いがあり、ニキビも改善されているような気がします。」
・「洗顔料と付いてきた電動ブラシで洗顔をしたら、気になる角質が除去されて、肌のトーンがアップしたように感じます。」

悪い口コミ

・「肌がピリピリとした。わたしの肌には刺激があるようです。」
・「思ったよりニキビ効果がありませんでした。」
・「保湿力が足りないような気がします。」

公式サイトをチェック