季節の変わり目の肌荒れに要注意!

冬から春にかけての季節の変わり目は、花粉や紫外線などの影響が強くなり、アレルギーや花粉症を引き起こしやすい時期です。健康でキレイな肌を維持するためには、アレルギーや花粉症に負けないよう免疫力を高めることが大切です。では、春特有の肌荒れを引き起こす「花粉」と「紫外線」は、どのように肌に悪影響を及ぼすのでしょうか?

花粉と聞くと、多くの方が鼻水や目のかゆみなどの症状をイメージするかもしれませんが、実は花粉は肌荒れも引き起こします。春は気温が温かくなったとはいえ、冬とおなじくらい肌が乾燥しやすくなっています。肌のバリア機能が弱くなったデリケートな状態をしているので、そこに花粉が付着するとニキビや吹き出物などの肌トラブルを招きます。また春は夏ほど紫外線が強くないため、紫外線対策をせずに外出してしまう方が少なくありません。デリケートな状態になっている肌に紫外線が当たることで炎症を招いてしまい、結果としてニキビや吹き出物などにつながることがあります。

花粉と紫外線から肌を守ろう!

肌に刺激を与える花粉をできるだけ肌に付着させないことが大切です。花粉から肌を守るために、外出時にはマスクを着用しましょう。また洗顔前はもちろん、帰宅した際には手を洗い、花粉をキレイに落とします。洗顔料を使って顔を洗う前にも、まずは手をキレイに洗ってください。その後、顔をぬるま湯で軽く洗い流すとベターです。

紫外線からはどのように肌を守ることができるでしょうか?日差しが強い夏だけでなく、春を含めて1年中紫外線対策を行うことはとても大切です。外出する際には日焼け止めを塗ることを忘れないようにしましょう。日焼け止めは予防効果が高くなるにつれて肌への刺激も強くなりますので、屋外にいる時間や目的などに応じて、日焼け止めの種類を変えることをおすすめします。

肌に付着した花粉や汚れの正しい落とし方について

肌の肌理(キメ)には花粉や汚れなどがたまりやすいです。キレイに洗い流さないとアレルギー反応や花粉症、ニキビなどの肌トラブルを招きます。ニキビ予防のためにも、1日の終わりに洗顔で顔に付着した花粉や汚れをしっかり落とすようにしましょう。

メイクをしている場合は、まずクレンジングから始めます。肌が敏感になっていますので、刺激の弱いミルクやオイルクレンジングがおすすめです。肌をこすったり拭き取るタイプのクレンジングは大きな刺激を与えるので避けましょう。洗顔料も低刺激のものを選びましょう。洗顔料はしっかり泡立て、やさしく泡で洗顔するようなイメージで汚れを落とします。泡をすすぐときも、手で顔をむやみに触ることは極力避けてください。ぬるま湯で丁寧に泡が残らないようやさしくすすぎましょう。クレンジング後は、乾燥を防ぐために、化粧水と乳液やクリームを使ってすみやかに保湿ケアをしてあげてください。

低刺激のスキンケアアイテムで肌荒れ対策を!

1年の中で肌が最も敏感になる冬から春の時期は、ノンアルコールタイプの低刺激スキンケアアイテムを使うことをおすすめします。クレンジング剤や洗顔料・化粧水・乳液・クリーム・ファンデーションなどは、できるだけあなたの肌に刺激がないものを選んでください。

またこの時期は、目や鼻の周りなどにかゆみがでる方も少なくありません。かゆみは辛いですが、肌が炎症を起こしている状態なので強くかいたりこすったりしてはダメです。肌を傷つけてしまう恐れがあります。かゆみの症状があるときは、手で触れることを控え、清潔なタオルで冷やしましょう。最初はかゆいですが、冷やすとかゆみが和らいでいきます。

食事で免疫力を高めよう!

肌のバリア機能が低下しているときは、緑黄色野菜をいつもよりも積極的に摂取することで免疫力アップを図りましょう。緑黄色野菜にはβカロチンが豊富に含まれています。体内でビタミンAに変換されるβカロチンには、肌のターンオーバーサイクルを正常化するサポートや、細菌から肌を守るよう促す役割があります。βカロチンが豊富に含まれている食材には、にんじん・トマト・かぼちゃ・ピーマン・小松菜などがあります。これらの食材を積極的に食べて、アレルギーや花粉症に負けない免疫力を保ちましょう。

保湿力を高める肉・魚・大豆などのタンパク質も、肌の免疫力向上を助けます。タンパク質は皮膚の形成に欠かせない栄養素のひとつです。新陣代謝を促したり、肌のハリや弾力を維持するコラーゲンの生成にも欠かせません。栄養バランスのとれた食事を意識することが、アレルギーや花粉症に負けない健康で美しい肌を保つ大きなポイントです。