ニキビと食生活の関係とは?

ニキビの発症には生活習慣、特に食生活が密接に関係しています。皮下脂肪が多くなると、皮脂の分泌量も増えてニキビができやすい肌になります。ラーメンやパスタ、牛丼などの炭水化物がメインの外食や、揚げ物や脂肪分たっぷりのお肉・ケーキなどの糖分が多いスイーツ類などは、体内で中性脂肪を増やして皮脂の分泌量を活発にさせます。

ニキビができる主な原因は皮脂の過剰分泌による毛穴の詰まりですが、このように過剰分泌は食事に影響されることが少なくありません。ニキビを予防するためには栄養バランスのとれた食生活が基本です。脂質や糖質ばかりの食生活ではなく、ビタミン類が多く含まれている野菜やフルーツを意識した食生活をすることが美肌につながります。

ニキビに有効な栄養素とは?

ニキビや吹き出物など肌荒れに有効な栄養素には、ビタミンA・ビタミンB・ビタミンC・ビタミンEなどが挙げられます。中でも肌の代謝を高める「ビタミンB」と、美肌作りに必須の「ビタミンC」を重視しましょう。

ビタミンBは、肌の再生を促す作用や皮脂の分泌を抑制する働きをするので、新陣代謝の活性化につながり、結果としてニキビができにくい肌へと導きます。ビタミンCには、美白効果や保湿効果に加え、抗酸化作用もあります。また、美肌作りに欠かせないコラーゲンの生成をサポートしたり、皮脂の過剰分泌を抑制する働きもするので、ニキビ予防や改善につながります。

野菜を多く食べることがニキビ予防!

野菜にはニキビ予防や改善に良いビタミン類が豊富に含まれています。つまり、野菜を多く食べることはニキビ予防や改善になります。スキンケアでお肌を外側からケアすると同時に、野菜をたくさん食べて体の内側からもケアをするなら、さらなる効果を期待できるでしょう。

では、ニキビに有効なビタミン類が多く含まれている野菜には何が挙げられるでしょうか?ニキビ予防や改善には、モロヘイヤ・にんじん・赤ピーマン・さつまいもなどの緑黄色野菜の摂取がおすすめです。とはいえ、ただ食べればいいのではなく、食べ方に注意が必要です。例えばバーニャカウダーで野菜をたくさん食べたとしても、ソースにオリーブオイルがたっぷり使われているので、かえって多くの脂質を摂取してしまうことになります。でも、生で食べたり茹でたり蒸すだけの調理法で摂取するなら、余分な油分を摂取することなくビタミン類を効率よく摂取できます。野菜を食べる際には調理法にも気を付けるようにしましょう。

野菜ジュースでもニキビ予防になる?

暑さが厳しい夏の時期は、食欲が低下気味になります。そのためニキビ予防のために野菜を食べることが難しく感じる人もいることでしょう。では、食欲が低下する夏は、市販の野菜ジュースを飲んでニキビを予防することができるのでしょうか?野菜を全く摂取しないよりもマシですが、野菜自体を食べることと比較すると、残念ながら効果は落ちます。特にフルーツが多めにミックスされている野菜ジュースは糖質も多く含まれているので、脂質の分泌を活発にする恐れがあります。

また野菜ジュースは加熱処理されているため、栄養素が破壊されている可能性もあります。食欲が低下している時や毎日の食事で野菜を摂りいれることが難しい場合は、自作スムージーを作ると良いでしょう。野菜と果物をカットして、水と一緒にミキサーにかけるだけで簡単にスムージーができます。是非一度試してみてください。

ニキビを悪化させる食生活とは?

せっかく野菜を多く食べても、ニキビを悪化させる食べ物も一緒に摂取しているなら効果が薄くなってしまいます。先述のように、揚げ物や脂肪分たっぷりの食品は偏った栄養バランスになります。そうなると、ニキビや吹き出物などの肌トラブルの原因になるだけでなく、肥満にもつながります。かといって、全く脂質を摂らない極端な食生活は肌の乾燥につながり、それはどれでニキビなどの肌トラブルを招きます。

ですから重要なのは、適度なバランスで脂質を摂取するということです。油分の多いスナック菓子や揚げ物などを毎日食べるなら間違いなく肌トラブルを招きますが、ナッツ類やエゴマ油、青魚などの良質な油はお肌に良いものです。質の良い油を選ぶようにしましょう。

またコーヒーやアルコールなどの飲みすぎもニキビの原因となります。コーヒーに含まれているカフェインは、肌に働きかけるビタミンB群の吸収を妨げます。アルコールはビタミンB群を大量に消費し、お肌に必要な水分まで吸収してしまうため乾燥を招きます。もちろん、適量であれば問題ありません。何事にも節度が必要だということです。食生活に気を付けて、肌トラブルを未然に防ぐようにしていきましょう。