ニキビ予防に脂汗対策!

暑い日が続く夏の時期は、日中外に出るとすぐに汗まみれになってしまいますよね。汗をかくことは体温調整に欠かせないことです。とはいえ、メイク崩れや肌荒れなど、女性にとって汗は「敵」とも言えるのではないでしょうか?

実は汗には色々な種類があります。暑い時にかく「温熱性発汗」が一般的ですが、他にも緊張したときの「緊張性発汗(冷や汗)」や、ストレスを感じたときの「精神性発汗(脂汗)」、辛いものを食べたときの「味覚性発汗」の4種類があります。ただどれも成分は同じと言われているので、どんな種類の汗をかいたとしても、すぐに拭き取り、清潔な状態を維持することがニキビなどの肌荒れ予防になります。

ニキビの原因になりやすい「汗」

秋冬よりも汗をかきやすくなる春夏は、「汗」が原因となりニキビなどの肌トラブルを引き起こすことがあります。汗をかいたまま放置すると、細菌が繁殖しやすくなったり、肌に乾燥を招きやすくなります。また汗にホコリや汚れが付着していると刺激となり、肌トラブルを発症させます。

ですから汗をかいたら、皮膚を清潔な状態に維持するためにシャワーを浴びることが大事です。シャワーを浴びることで汗と皮脂をキレイに洗い流すことができますし、ニオイの改善も期待できます。でも、すぐにシャワーを浴びることができないときもありますよね。そんなときはどのようにケアをすればよいのでしょうか?

汗は早目に拭き取ることが大切!

顔にかいた汗も体にかいた汗も、乾くまで放置しておくと毛穴の中に汚れや雑菌が残り、ニキビや吹き出物が発症するリスクを高めてしまいます。シャワーを浴びることができないときは、汗を早めに拭き取るようにしましょう。顔は肌触りのよいハンカチやタオルでやさしく汗を拭き取ります。使うタオルやハンカチは清潔なものを使用しましょう。汗を吸い取ったハンカチやタオルは、雑菌が繁殖しやすいので、できれば外出時には替えを数枚準備することをおすすめします。

背中やデコルテなどは、ボディシート(汗ふきシート)の利用が便利です。ボディシートの多くは肌に優しい成分だけを配合しているので安心して使うことができます。拭いた後に清涼感が残るタイプのシートもあり、肌のクールダウンにもつながります。シャワーの代わりにはなりませんが、早めに汗を拭き取ることでニキビなどの肌荒れトラブルの予防になります。

注意したい点として、汗を拭くためにウエットティッシュを使う場合には、アルコール成分が含まれているかどうかをチェックしましょう。アルコールタイプのものは肌荒れを招く恐れもあるので、できれば避けた方が良いです。

汗をかいた後は洗顔も忘れずに!

汗をかいたなら、キレイに洗顔をしましょう。朝1回、夜1回のシンプルな洗顔を1日2回行うのが理想的です。洗顔後は、化粧水と乳液と使って肌に水分と油分を補うようにしてください。肌の特徴は人それぞれ異なるので、必要なケアも異なってきます。

自分の肌に合った、やさしい洗顔料を見つけましょう。ニキビ肌で悩んでいるなら、ニキビ肌用のスキンケア用品がおすすめです。まずはトライアルからはじめ、自分の肌に合うかどうか試してみることからはじめましょう。

寝具も清潔に!

こまめに汗を拭きとっているのにニキビが改善されない場合は、毎日使用しているシーツや枕などの寝具に問題があるのかもしれません。わたしたちは寝ている間に、約コップ1杯分の汗をかいていると言われています。夏はエアコンを使っているかもしれませんが、季節問わずに寝ている間に汗をかきます。この汗や垢、フケなどをエサとするダニが、シーツや布団に住み着きます。ある製薬調査によると、たった1gの汗でダニは300匹も生存できることが分かっています。ダニの死骸やフンが乾燥して粉末状になったものを人間が吸い込むと、ダニアレルギーが発症します。

またニキビダニが原因でニキビが発症することもあります。汗をこまめに拭き取っても、洗濯していない汚れたシーツや枕で毎日寝ているなら、ニキビができる原因となります。是非、シーツや枕・マットレス・布団などの寝具類の清潔さを見直してみましょう。

ヘアスタイルに一工夫加えてみよう!

ニキビができないように、ヘアスタイルを工夫してみるのも良いでしょう。おでこにニキビができているのを前髪で隠そうとする方は多いのではないでしょうか?髪の毛でニキビを隠すと、髪の毛がニキビに刺激を与えてしまい症状が悪化することがあります。ですから、多少目立つとしても、髪の毛をまとめるなどして顔周りを清潔な状態にしましょう。少し我慢して適切なケアをすれば、改善を期待できます。