顔のニキビと背中のニキビの違いとは?

思春期にニキビに悩まされた!という方はきっと多いでしょう。でもニキビは大人になってからも発生することがあります。通称「大人ニキビ」と呼ばれる炎症です。

大人ニキビは、角栓や汚れなどが毛穴に詰まったり、皮脂の過剰分泌が原因となって発症することがあります。実はニキビと聞くと顔に出るものとイメージする方も少なくないと思いますが、背中にもできます。

背中にも顔と同じように、ニキビの原因となる皮脂腺がたくさんあるからです。またデコルテや頭皮にもできます。

大人ニキビを引き起こす「アクネ菌」は、もともと皮膚に住み着いている常在菌です。アクネ菌は皮脂をエサにして増殖するため、皮脂腺のあるおでこや鼻・あご下・背中などにできやすいんです。

でも背中ニキビの場合、顔のニキビと同じアクネ菌だけでなく、「マラセチア菌」というカビの一種によって発症することもあります。マラセチア菌もアクネ菌同様、皮脂をエサとするので、皮脂が過剰分泌している毛穴の中に潜り込んで、炎症を発症させます。

実は、背中ニキビの多くは、後者のマラセチア菌が原因によるニキビの発症が多いと言われています。背中ニキビは「毛のう炎(毛包炎)」と呼ばれています。毛のう炎は、菌が毛穴に侵入して繁殖することで炎症を起こします。

症状が悪化すると化膿します。毛のう炎は背中だけでなく、首、デコルテ、胸、おしり、太ももなどにも発症するやっかいな存在です。このように背中ニキビは、一般的なニキビかもしれませんし、毛のう炎と呼ばれる吹き出物である可能性もあります。

間違ったケアをしていると背中ニキビは治らないかも!?

「背中ニキビのケアをしているのに治らない・・」と悩んでいるなら、ケア方法が間違っている可能性があります。先述のように、顔ニキビと背中ニキビは発症する原因が違うので、ケア方法も変わります。顔ニキビと同じケアをしても、背中ニキビが改善されない場合や症状が悪化する場合は、真菌による毛のう炎である可能性があるので、それに適したケアをするようにしましょう。

背中ニキビは悪化しやすい!

背中は手が届きにくい上、見づらいためきちんとケアすることが難しい部位です。でも、汚れや角質が毛穴に詰まった状態を放置しておくと、ニキビはどんどん症状が悪化していきます。

背中は下着や洋服で覆われている上に、汗をかくと通気性が悪くてムレた状態が続きやすいです。これはアクネ菌が繁殖しやすい環境です。ですから、汗をかいたらこまめに拭いたり、可能であれば下着を変えたりシャワーを浴びるなどして清潔な状態を維持してください。

背中ニキビ対策をしよう!

ふだん背中をまじまじと見ることはあまりないですよね。ですから、背中にニキビができていても気づかないのは自然なことです。中には、痛みを感じてからはじめて気付く方もいらっしゃいます。

ただ、炎症が進んでいるニキビは治りにくく、痕に残ってしまう可能性もあります。このようなトラブルを防ぐために、普段から背中ニキビケアをするようにしましょう。

たとえばシャンプーやボディーソープをしっかり洗い落とすことは大切です。背中をしっかり流したつもりでも、洗い残しがあることもあります。洗い残しはニキビの原因となりますので、意識してすすぎをしっかり行うようにしましょう。体をきれいにするソープで炎症が起きたら本末転倒です。

また、背中の汚れを落とそうとして、ブラシやタオルなどでゴシゴシと強く洗うのはやめましょう。背中に刺激を与えるとニキビが悪化しやすいです。

さらに、使用しているボディーソープや石鹸などを、殺菌作用のある薬用タイプのものに替えてみることができるかもしれません。その際、刺激が少ない綿100%のボディタオルを使ってやさしく丁寧に洗うようにしましょう。

保湿ケアも忘れずに!

顔のスキンケアはしっかりしていても、背中の保湿ケアは怠っている方は多いのではないでしょうか?背中も顔と同じく乾燥します。肌内部が乾燥したインナードライ肌になってしまうと、背中の毛穴も必要以上に開いてしまいます。

砂漠の土地のように荒れてしまうんです。そうなると過剰に皮脂を分泌して外からの刺激に抵抗しようと働きます。結果的にニキビなどの問題につながります。

ですから、背中も専用の化粧品でしっかり保湿し、皮脂が過剰分泌しないように潤いを与えるようにしましょう。届きにくい場合は家族の手を借りるのもアリです。

毎日背中のケアを行うなら、背中ニキビの改善を期待できます。冬は衣服で隠せても、夏は意外と背中が見られているものです。こまめなケアで、ぜひ背中美人を目指しましょう。