ニキビとは?

顔や体にプツプツできるニキビ、嫌ですよね。ニキビとは、皮脂や角質などが毛穴に詰まって、それらが細菌に感染することで炎症を起こした結果できる吹き出物のことです。

主に10代の思春期に発症する皮膚疾患のひとつで、医学的には「尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)」とか、「ざ瘡(ざそう)」と呼ばれています。若いころニキビで苦労したという方は多いのではないでしょうか。

しかし、思春期を過ぎてもニキビに悩まれている方が増えています。通称「大人ニキビ」と呼ばれるニキビは、特に20~30代の女性に多く見られます。大人ニキビと思春期ニキビは、発症する原因が違います。

そのため、間違ったスキンケアを続けるなら症状は悪化してしまい、最悪ニキビ痕が残ってしまうことがあります。

大人ニキビと思春期ニキビの違いとは?

10代に出来る思春期ニキビは、主に「皮脂の過剰分泌による毛穴のつまり」が原因で発生します。その証拠に、体の中でも皮脂が分泌されやすいTゾーンを中心にニキビが出てきます。

一方、大人ニキビの場合、引き金になる問題はいろいろとあります。ざっと挙げると、肌のターンオーバー(新陣代謝)の乱れ・ストレスや不規則な生活・睡眠不足・長時間の化粧・間違ったスキンケア・乾燥・ホルモンバランスの乱れ・皮脂の過剰分泌など様々です。

いずれにしても、これらの問題が原因で皮脂や角栓で毛穴がふさがれ、ニキビが発症します。そして、毛穴に詰まった皮脂が酸化することでアクネ菌が増殖し、炎症を招いてしまいます。大人ニキビは頬や口周り・顎など乾燥しやすい部位を中心に出るのが特徴です。

思春期ニキビも大人ニキビも、症状が悪化すると痕が残ったり、シミの原因になる恐れがあります。ですから、放っておかずにきちんとケアしなければいけません。例えば、日ごろから質の良い睡眠をとって正常なターンオーバーを維持することはとても大切です。

ニキビの症状とは?

ニキビと一口に言っても、実はいろいろな種類があります。白ニキビ・黒ニキビ・赤ニキビ・黄ニキビなどが代表的です。

白ニキビはニキビの初期段階で、毛穴がふさがることで皮膚表面がぷくっとと腫れあがった状態をしています。あまり目立ちませんし、痛みもありません。ただ、むやみに触ると症状が悪化するので触らないようにしましょう。

白ニキビが進むと黒ニキビになります。黒ニキビは、毛穴が開いて浮き上がった皮脂や垢が酸化して黒くなった状態です。この段階まで来ると色素が沈着して痕に残ってしまう恐れがあるので、絶対放ってはいけません。

白ニキビと黒ニキビが悪化したものが、赤ニキビです。赤ニキビは、皮膚常在菌・アクネ菌が増殖することで炎症を招き、真っ赤に腫れて盛り上がった状態になります。しかも痛みを伴います。ニキビの中でも一番目立つニキビと言えるでしょう。

最後に黄ニキビですが、これは赤ニキビがさらに悪化して膿を持ってしまった状態です。ここまで来るとかなり不快です。

カラダにもできる大人ニキビ

大人ニキビは毛穴の中にできます。つまり、顔だけでなくカラダの毛穴のある部位にはどこでもできます。特に、皮脂を作りだす皮脂腺が多い背中や胸元、頭皮などはほかの部位に比べて発生しやすい場所です。

これらの部位にニキビができる原因は、顔にできるニキビと同じです。毛穴が詰まって炎症を起こすことで発症します。また、衣類の擦れやムレなどがトリガーになることもあります。

ニキビの改善と予防には?

ニキビができるとショックですよね。でも、落ち着いて、症状が悪化する前にケアするようにしましょう。例えば、バランスのよい食生活と良質な睡眠・保湿ケアは基本中の基本です。

「肌の状態は、毎日の食生活が反映されたものだ」と言われることがあります。ですから、ニキビ肌で悩んでいるなら、ニキビの原因でもある皮脂の分泌をコントロールするよう意識しましょう。具体的には、皮脂分泌をサポートするビタミン類を含む食品を意識的に摂取するようにしましょう。

スキンケアの基本である保湿ケアも見直してみましょう。皮脂の分泌が多いという理由で保湿ケアを控える方もいますが、実は保湿しないとかえって肌が乾燥してしまうんです。肌の感想は皮脂の過剰分泌を引き起こすことがあります。是非、保湿ケアを徹底して行うようにしましょう。

睡眠もしっかり取りましょう。休日に寝だめをするのではなく、毎日最低でも6時間以上の質の良い睡眠をとることが大事です。睡眠中に体は細胞を修復するからです。スマホやパソコンを遅くまでいじるのではなく、ぐっすり寝る時間をしっかり確保するようにしましょう。