冬の乾燥はお肌の大敵!

秋から冬に向けての時期は気温と湿度が低下しますが、この季節は血液の循環も低下する時期でもあります。汗や皮脂の分泌量が少しづつ減っていくため、肌を外敵から守る皮脂膜が十分に生成されなくなります。そのため、目元や口元などを中心に肌が乾燥します。

冬は室内で暖房を使う方がほとんどだと思いますが、暖房によって湿度がさらに低下すると、より肌は乾燥しやすくなります。肌の乾燥がどんどん悪化するとどうなるでしょうか?干上がってひび割れた地面のように、肌のバリア機能が低下し、外からの刺激を受けやすくなり、ニキビをはじめとした様々な肌トラブルを招きやすくなります。

肌が乾燥するとニキビはできやすくなる!

ニキビは脂性肌や皮脂の過剰分泌によって発症するというイメージがありますが、実は冬の乾燥もニキビを引き起こす原因のひとつです。大人ニキビの原因のひとつに、肌の乾燥によるバリア機能の低下が挙げられます。

健康な肌の場合、肌表面にある角層は、「核細胞」と「セラミド」をはじめとした「細胞間脂質」という潤い成分ですき間なく満たされています。これによって外部からの刺激を防ぎ、潤いが蒸発せずに肌に適度な水分と油分が維持されます。しかし乾燥によってバリア機能が低下してしまうと、肌に十分な潤いを保持することができなくなってしまいます。その結果、水分量が低下した角層が溜まって毛穴を防いでしまい、ニキビができやすくなります。肌の乾燥は肌のバリア機能を低下させる主な原因のひとつですが、それ以外にも睡眠不足やストレスなども影響を与えますので気を付けましょう。

乾燥によるニキビ予防①保湿

ニキビ予防には余分な皮脂を除去することが大事だと思われがちですが、乾燥によるニキビ予防は外部からの「保湿」ケアと、内部からの「水分補給」をすることが最大のニキビケアになります。では、まず保湿ケアはどのように行えばよいのでしょうか?保湿成分を肌の奥まで浸透させるためには、まず肌の汚れや古い角質などをしっかり除去して、毛穴の詰まりをキレイにすることが大切です。

洗顔後は、化粧水を肌に馴染ませます。化粧水をただつけるだけでは時間とともに乾燥してしまうので、保湿効果の高いスキンケア商品を使って肌に潤いを与えましょう。低刺激で水分保持力をサポートする成分が入ったものが良いです。肌にたっぷりの潤いを与えるならバリア機能が促され、ニキビ予防やニキビ改善につながるでしょう。

乾燥によるニキビ予防②水分補給

肌を外部から保湿するのと同時に、水分補給をこまめに行うことも大事です。乾燥肌は、肌の内部の角層に水分含有量が少なくなることで生じます。カラダは水分が不足すると血液の粘土が増すため、血行不良になりやすくなります。それにより肌の新陣代謝が悪化し、皮脂の分泌量も減るため、乾燥肌を招くリスクを高めます。

通常、皮膚の水分は汗をかいたり自然蒸発するなどして減少しても、体内から水分が補給されることで潤いを維持しています。しかし、体内の水分が不足していると、蒸発する量に供給が間に合わず、肌の水分がどんどん失われ乾燥してしまいます。保湿ケア化粧品を肌にぬっても、肌の表面にしか浸透せず、肌の奥まで潤せることは難しいです。これだと、乾燥を根本から改善することができていません。肌の乾燥を予防して潤いを与えるためには、体の内部から水分をしっかり補給することが必要です。

乾燥肌予防に有効な飲み物とは?

では、乾燥肌を予防するための水分補給として、何を飲めばよいのでしょうか?基本は、温かい飲み物です。水を飲むことでも効果を期待できますが、冷たい飲み物は体温を低下させ、新陣代謝の働きを低下させることにつながります。ですから、温かいものを選ぶようにしましょう。乾燥肌に有効な温かい飲み物は、白湯が効果的です。またハチミツをお湯で割ったもの・生姜湯・ハーブティーなどもおすすめです。

一方、乾燥肌予防には向いていない飲み物としては、緑茶やコーヒーなどが挙げられます。これらの飲み物には、「タンニン」という成分が多く含まれていて、肌の新陣代謝を妨げる亜鉛の吸収を阻害する作用があります。また利尿作用のある「カフェイン」も多く含まれているため、体内に水分をためることが難しくなります。

普段の生活でできる乾燥肌予防対策は?

保湿と水分補給で乾燥予防することに加え、普段の生活でも乾燥予防を意識した生活を送るようにしましょう。例えばエアコンが効いた室内には加湿器を設置したり、オフィスで卓上型の加湿器を置いて肌の乾燥を予防できます。また、長時間のお風呂や熱いお風呂は必要な皮脂や肌の潤いを溶かしてしまい、乾燥を招くことがあります。ですから、40度以下のお風呂を10~15分ほど入浴されることをおすすめします。