体を温めて免疫力をアップさせよう!

寒い冬の時期は、手足の冷えで悩まされたり、風邪をひきやすくなったりと、なにかと体調を崩しやすい人がいます。そんな時は「免疫力」を高めることで代謝アップを目指し、病気予防をしましょう。免疫力を高めるには、適度な運動・質の良い睡眠・ストレスをため込まないこと・体を温めることが効果的と言われています。

体を温めることと免疫力を高めることには、どのような関係があるのでしょうか?血液の中に存在する免疫細胞(白血球)は、血液と一緒に体の中を巡っています。異物を発見すると素早く攻撃し、ウイルスや細菌から身体を守る働きをしています。しかし、体が冷えて体温が低下すると血管が収縮して血流の流れが悪くなります。そうなると白血球の動きが弱くなるため、異物を素早く退治することができず病気にかかりやすくなります。ですから体を温めることが病気予防に役立つと言えます。

免疫力が正常に維持される体温は36.5度で、体温が1度下がると免疫力が30パーセントも低下すると言われています。それとは逆に、体温が1度上がると免疫力が30パーセント上がると言われています。

免疫力が低下するとお肌にも影響が!

「免疫力」と聞くと、体の内部の機能をイメージするかもしれませんが、実は肌にも免疫力があります。冬になると風邪などのウイルスだけでなく、肌の乾燥も気になるものですよね。肌は常に乾燥した外気や紫外線など刺激を受けます。さらにウイルスや細菌などの攻撃も受けます。これらの刺激や異物から体を守るためには、肌で免疫することも大切です。

もし肌の免疫力が落ちてしまったら、病気になるリスクが高まる恐れがあります。ですから肌の免疫力を高めるためにも、体を温めて代謝をアップさせるようにしましょう。また、肌の免疫力を高めるのに有効なビタミンB群を積極的に摂取することも大切です。ビタミンB群は数多くあるビタミンの中でも特に代謝に深く関わっている栄養素のひとつです。肌を作るタンパク質や脂質の代謝を促したり、皮膚や粘膜の健康維持に欠かすことができません。

免疫力が低い人の特徴とは?

寒さの厳しい時期は代謝が低下するため、どんな人でも免疫力が低くなる傾向があります。でも、寒くても風邪をひかずに元気な人もいれば、すぐに風邪をひいてしまう人がいますよね。乾燥肌に悩まされる人もいれば、冬でも肌が乾燥しない人もいます。両者には免疫力の高さの違いがあります。

実は、免疫力が低い人にはいくつかの特徴があります。体が冷えやすい・運動不足・便秘気味・睡眠不足・いつも食べすぎてしまう・すぐにイライラしてしまう・あまり笑わない・ネガティブ思考・ストレスといった特徴です。一度低下してしまった免疫力を高めることは簡単なことではありません。ですから、寒い季節は免疫力が下がらないよう、意識的に免疫力を高める努力をすることが大切です。もし上記の項目のうち「自分に当てはまるかも」と思えるものがあるなら、少しずつ改善するのはいかがでしょうか?

体を温めて免疫力をアップさせる生活習慣とは?

毎日の仕事や職場の人間関係などでイライラしてストレスが溜まると、免疫力が下がりやすくなります。ですから、趣味を楽しんだりお友達とおしゃべりを楽しむようにしましょう。運動で体を動かし、思いきり笑うなどしてストレスを上手に発散させましょう。

また、毎日最低でも6時間以上の睡眠時間を確保できるよう、生活リズムを整えることも大切です。就寝前にストレッチをしたり、20時以降はカフェインを摂取しないようにすると、良質な睡眠につながりやすいです。さらに、夕食を就寝3~4時間前までに済ませたり、入浴を就寝1~2時間前にするよう心がけてみても良いでしょう。

体を温めて免疫力をアップさせる食生活とは?

体を温めるためには、体を温める働きがある食材を摂取することも効果的です。体を温める代表的な食材として、ゴボウやレンコンなどの根菜類・生姜・ねぎ・にんにく・きのこ・黒豆や小豆などの豆類などが挙げられます。これらの食材は体温上昇や血行促進などに良いとされています。肌の素になるタンパク質を含有した食材と一緒に摂取するなら、さらなる効果を期待できるでしょう。

また、冷たいものより温かいものを食べれば、胃腸も温まるので体の芯から温かくなります。東洋医学では「肌は内臓の鏡」と言われています。つまり「腸内環境が鏡のようにそのままお肌の状態に現れる」と考えられています。体を温める食材を意識して摂取するなら、腸内環境を整えデトックスも促進しやすくなります。体の不要物がきちんと排出されれば、ニキビや乾燥など肌荒れのない美しい肌状態に近づけるでしょう。ぜひ寒い時期は体を温める食材で腸をケアして、免疫力を高めて美肌を目指しましょう。